2021年10月3日日曜日

カンガレイの花が咲きました

 先日、うちの金魚水槽でカンガレイの花が咲きました。


Wkipediaによりますとカンガレイは「カヤツリグサ科ホタルイ属の植物。水辺に生育し、茎が三角の断面を持つ、イグサに似た姿の植物である。」と説明があります。

うちではずっと上蓋がついているタガメ水槽に植えていたのですが、カンガレイって結構背が高くなるんですよね。成長すると上蓋に当たって曲がってしまい、美しくありませんでしたので8月に金魚水槽に植えなおしたんですね。


そしたら俄然元気になってしまいましてボーボーに伸びて花まで咲いてしまった次第。
カンガレイは結構ボディが固いですので、金魚の強烈な突っつき攻撃を食らっても平気なんですね。
これまでうち金魚達はあらゆる水草を撃破して水槽を不毛の状態に保ってきたのですが、ついに金魚にも負けない水草を発見したことになります。
ところで、写真内に多数ある黒い網掛けのケースはそれぞれ今年羽化したゲンゴロウの成虫が入っています。

今年は74匹を成虫にすることができました。

元々は200匹~300匹程度を目指していたのですが、そんなには行きませんでした。


今年はつぶさにデータを記録しましたので、色々なことがわかりました。

来年以降の量産化につなげていこうと思います。




2021年9月26日日曜日

今年の稚魚、不作です。。

 

今年の金魚の稚魚が誕生してから3カ月以上が過ぎまして、金魚すくいの金魚くらいの大きさになってきました。


複雑な模様の綺麗な金魚がほとんどおらず、真っ白とか小赤みたいなのとかが多いようです。
あと、鰓パカとか尾曲がりも多く、そういうのをトリアージしてしまうとほとんど数が残らないような有様。。
だんだん手持ちのメス金魚が高齢になってきたこともあり特に有望なメスが欲しいところなんですけどね。
まあ、まだ褪色が始まっていない黒い金魚も残っていますので引き続き頑張ってお世話しようと思います。



2021年7月24日土曜日

うちのベランダの近況(2021/07/24)

夏がやってきましたねー。連日、かなりの暑さです。

金魚の稚魚が孵化したのが6月10日過ぎくらいだったと思いますので、もう1か月半くらいになるんですね。

既にブラインシュリンプは卒業いたしまして。メダカ用のパウダー飼料を与えています。

今年は初めて活性炭濾過を試してみたのですが、とても良いですね!

なんとも楽に良い水質を保つことができました。

水質悪化による大量死などがありませんでしたので、およそ400匹~500匹の稚魚がここまで大きくなりました。

金魚の繁殖を始めて10年...。もっと早くやればよかったです。。

タガメもまあまあ好調です。大阪方面の愛好家様と卵塊を交換することができまして、それも含めて10匹以上もの成虫が羽化しています。


タガメは餌代がかかるペットですので、あんまりいっぱい殖やすと処置に困るんですよね。今年はこのくらいでやめておこうと思います。

ゲンゴロウはやっと第1号が成虫になりました。
かわいいメスです。

3齢幼虫が次々と上陸モードになっていき...

蛹がこんなにもいっぱいに。。現状80匹になりました。

が、どうしたことでしょう。
7/11を最後に幼虫が産まれなくなってしまいまして、完全に数が頭打ちです。。
まだまだいける時期だと思うのですが、一匹のメスが産卵できる数というのが決まっていて、早く始めると早く終わってしまうのでしょうか。


餌が足りなかったかもしれないのでガンガン乾燥コオロギを与えて再び産卵してくれるよう促してみたいと思います。